2012/8/29

サーバー上で削除されたリモートブランチは、自動ではローカルリポジトリに反映されない仕様らしい。

なので、とあるリポジトリで削除したはずのリモートブランチが、別のリポジ トリから見ると生きのこってたりする。 git remote show origin で確認で きる。

$ git remote show origin
 * remote origin
 :
 :
    refs/remotes/origin/hoge-branch        stale (use 'git remote prune' to remove)
    refs/remotes/origin/fuga-branch        stale (use 'git remote prune' to remove)
 :

この中で stale (use 'git remote prune' to remove) とあるのがいらないブランチだ。 stale(腐った)をplue(切り詰める)すれば良い。

まず、確認。

$ git remote prune origin --dry-run
Pruning origin
URL: gitolite@db72-dictwiki:wsrch
 * [would prune] origin/hoge-branch
 * [would prune] origin/fuga-branch

実行。

$ git remote prune origin

もう一回確認。なにも表示されなければ多分成功している。

$ git remote prune origin --dry-run
blog comments powered by Disqus